月亭の由来
玄関 従来より月(つき)の亭(あるじ)は兎(うさぎ)と言われ、鶴や亀と同様に兎(うさぎ)は延命長寿の象徴とされ、 長寿の兎(うさぎ)が住む館を月亭(つきてい)とし、長く商売が繁盛するようにと命名されました。

月亭のマークには丸いお月様に3兎の兎(うさぎ)が描かれています。

「二兎を追うものは、一兎をも得ず」という諺がありますが、三兎ともなればタカもカタもなく、 他の追随を許さないという心持ちが込められています。